桑の葉 効能

桑の葉の効能 血糖値の上昇を防ぐ、肥満改善にも効果が

桑の葉の効能 血糖値の上昇を防ぐ、肥満改善にも効果が

桑の葉の効能についてご紹介します。
桑の葉には、デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が含まれていますが、
DNJは食後の血糖値の上昇を防ぐ作用があることで古くから知られています。

 

中国では古くから、桑の葉を陰干ししたものを神仙茶といって飲まれています。
咳止めや、血流の改善、滋養強壮に効果があるとされているそうです。

 

最近の研究でわかってきた桑の葉の効能としては、
桑の葉に含まれる、デオキシノジリマイシン(DNJ)と呼ばれる成分が、
糖を分解する酵素の働きを止める作用があることがわかってきています。

 

私たちが食べた、ごはんなどに含まれる糖質は、
小腸で酵素によって分解され、血液に吸収されていきます。
それによって食後は血糖値が上昇しますが、

 

桑の葉を摂取していると、桑の葉のDNJが酵素の分解を止めるために、
糖質は吸収されずにそのまま排泄されてしまいます。
吸収されませんから、血糖値の上昇も抑えられることになります。

 

桑の葉のDNJの糖質吸収を抑制する作用は、生活習慣病や、糖尿病、
メタボリックシンドロームの予防にも注目されています。

 

そして、余分な糖分を排出してくれる効果はダイエットにも効果的です。
最近の研究では、桑の葉の摂取捨ている人は、BMIが減少したり、
ウエストがサイズダウンしたなどの効果が認められたという調査結果もあります。

 

また、桑の葉は、栄養素も豊富で、
必須アミノ酸のバランスが人間の栄養バランスに近く、
ミネラルも豊富に含まれているため健康食材としても注目されています。

 

桑の葉の効能について、お試しをしてみたい方には、
当サイトでは、お茶村の神仙桑抹茶ゴールドをおすすめしています。

 

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドは、
もともとお茶屋さんであるお茶村さんがつくっただけあって、
抹茶のような美味しい青汁として人気になっている商品です。

 

【お茶村の神仙桑抹茶ゴールド 公式直販サイト】
神仙桑抹茶ゴールド

 


ホーム RSS購読 サイトマップ